お金の流れ 7)お小遣い帳=損益計算書のこと


前回は、持ち物リストのお話をしました。

今日はお小遣い帳のお話です。
お小遣い帳は、毎月もらったお小遣いを何に使ったかを
書き留めておくノートでした。(つけてなかった人もいるかと思いますが。。)

事業の場合も考え方はほぼ同じで、
収入=売上として入金のあったもの
費用=事業用の経費として、たとえば、家賃や広告費、給与などです。

収入から費用を差し引いたものが利益、ということになります。

会計の世界では、この表を【損益計算書】といいまして、
ある一定の期間(個人であれば1-12月、法人であれば例えば4-3月などの12か月)の
収入の合計から費用の合計を差し引く形になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です