外注とは 3)税法上の判断基準は?


外注とは 2)契約書の形式だけでは判断しない

で、契約書の名称等形式だけで、雇用契約か業務委託かを判断するものではない、
という点は、改めて認識したうえで…

税法では、基本通達や内部通達といった形で、具体的な判断基準が示されています。

(個人事業者と給与所得者の区分)

消費税法基本通達
1
-1-1 事業者とは自己の計算において独立して事業を行う者をいうから、個人が雇用契約又はこれに準ずる契約に基づき他の者に従属し、かつ、当該他の者の計算により行われる事業に役務を提供する場合は、事業に該当しないのであるから留意する。したがって、出来高払の給与を対価とする役務の提供は事業に該当せず、また、請負による報酬を対価とする役務の提供は事業に該当するが、支払を受けた役務の提供の対価が出来高払の給与であるか請負による報酬であるかの区分については、雇用契約又はこれに準ずる契約に基づく対価であるかどうかによるのであるから留意する。この場合において、その区分が明らかでないときは、例えば、次の事項を総合勘案して判定するものとする。

(1) その契約に係る役務の提供の内容が他人の代替を容れるかどうか。

(2) 役務の提供に当たり事業者の指揮監督を受けるかどうか。

(3) まだ引渡しを了しない完成品が不可抗力のため滅失した場合等においても、当該個人が権利として既に提供した役務に係る報酬の請求をなすことができるかどうか。

(4) 役務の提供に係る材料又は用具等を供与されているかどうか。

 

消費税法においては、会社が払った経費が「外注費」か「給与」かによって、課税上の取扱いが変わりますし、
所得税法においては、給与であれば源泉徴収義務が出てきます。

よって、税法上は、実態として「外注費」か「給与」かの判断基準については、こうした通達等に照らし合わせて
注意してみていくことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です